ボーダレス

役に立つかもしれないこととか。

高知県高知市のふるさと納税(1×1=1いちかけるいちのアイスクリン100ccカップアイス18個セット)が届いてた件

今年の1月に届いていた高知県高知市のふるさと納税のお話です。

前提:到着するまでの経緯

ふるさと納税については先日書いたこちらの記事を参照してください。

up2me.hatenablog.com

そして、今回は高知県高知市の「1×1=1(いちかけるいち)のアイスクリン100ccカップアイス18個セット」です。

www.furusato-tax.jp


高知名物、1×1=1のアイスクリンについて

大変申し訳ないことに、このいちかけるいちのアイスクリンの存在を私は知りませんでした。
単純にアイスクリームがいっぱい入っていてお得だなぁぐらいに思っていましたが、高知名物なんですね!
ということで、高知名物のご紹介を!

アイスクリンとアイスクリームの違い

このアイスクリンはかき氷の仲間らしいです。アイスクリームではないんですね。
材料は砂糖・たまご・脱脂粉乳・バナナ香料で作られていて、乳脂肪分は3%以下になっておりとてもヘルシーなアイスです。

Wikipediaを見てみると味の特徴としてこんなふうに書かれています。

アイスクリームなどと同じように、香料(フレーバー)を調整することにより様々なバリエーションが存在する。アイスクリームにおけるバニラにあたる、もっとも代表的なフレーバーはバナナ香料で、ミルクセーキに近い味がする。

アイスクリン - Wikipedia

1×1=1(いちかけるいち)の意味

パッケージを見ると、色んなところで1×1=1(いちかけるいち)の表記を見受けられます。

f:id:up2me:20160524121401j:plain


この意味は「伝統一番・味一番・信用一番。」とのことです。
最初見た時は、何だろう?と思っていましたが、高知ではいちかけるいちのアイスクリンといえば通じるぐらい愛されている商品らしいです。

更に詳しいことはアイスクリンのホームページを参照してみてください。

www.1kakeru1.com


開封の儀

では、早速開けていきましょう!
外装はこんな感じで届きました。

f:id:up2me:20160524121325j:plain


さらに開けてみるとすごく丁寧な梱包とともに大量の木のスプーン!
やっぱりこういうアイスを食べるなら木のスプーンが一番美味しく感じますよね♪

f:id:up2me:20160524121453j:plain


どんどん取り出していくと、まず上部にいちかけるいちのアイスクリン(白)が6つ出てきました!
昔はアイスクリン(白)だけだったみたいですね。
それが今では、抹茶・いちご・ソーダ・チョコレート・ゆず・コーヒー・メロン・みかん・あずきと一気に味の幅が広がったようです。
最初に食べるなら昔ながらの手づくりの味であるアイスクリン(白)がイチオシのようです♪

f:id:up2me:20160524122007j:plain


さらにその下には、前述の抹茶・いちご・ソーダ・チョコレート・ゆず・コーヒー・メロン・みかん・あずきがずらり!

f:id:up2me:20160524122049j:plain


すべて積んでみるとこんな感じです♪
これだけあると食後のデザートにはしばらく困りませんね!

f:id:up2me:20160524122138j:plain


実際に食べてみるとサクサクとした食感で、かき氷を少しクリーミーにした感じという印象かもしれません。
アイスクリームというよりも昔ながらの冷たいお菓子という感じです。
昔、親がバナナを凍らせたものをよくおやつとしてくれましたが、私の中のジャンルでいえば、そういった区分に近いものでした。

家にいながら、色んな地域の名産を知って、食べれるって良いですね♪

また他のものもご紹介したいと思います!