読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーダレス

役に立つかもしれないこととか。

鍵のジャラジャラ管理をリール付きカラビナとキースマート(KeySmart 2.0 Extended)でスタイリッシュにしてみた

先日、ブログでもお伝えした通り、引っ越しをしました。
諸事情で前の家もそのまま継続して借りているため、鍵の管理が若干面倒になってきました。
今まではカナビラで鍵をまとめて腰に付けていましたが、本数が多くなり、ジャラジャラと音がして、いい年して若干みっともない感じもしましたし、万が一落とした時のことを考えると大変なので、鍵の持ち歩きの仕方を変えてみました。

前提:鍵の本数と今までの管理の仕方

私が持っている鍵の本数は4本ですので、これがスマートに持てることを念頭に、どのような持ち歩き方をするかを考えました。また、商品によっては鍵の形状も考慮に入れる必要がありました。よく見る一般的な形状であれば問題ないですが、最近は鍵の形状も様々で、私の場合ですと、写真の一番左の鍵の大きさと形状がなかなかネックでした。
f:id:up2me:20150828164054j:plain

また、鍵と一緒に付属品などを持ち歩く方も多いと思います。私の場合は、普段から万歩計とUSBを鍵と一緒に持ち歩いていますので、それらも考慮に入れながら、商品選びをしました。
f:id:up2me:20150828164013j:plain

検索キーワード

自分に合った商品を見つけられるか否かはどういった言葉で検索するかによると思います。特に今回のような場合には、どういった言葉で探すのが適しているのか、若干困りました。

検索キーワードを探る

最初は「鍵 ホルダー」で、Amazon、楽天を検索したり、Googleで画像検索をしました。
そこで見つかった商品の言葉から、どんどんと自分の求める商品に近づくためのキーワード探しをしていきました。
結果的に「キーホルダー」「鍵 スマート」「鍵 スタイリッシュ」「鍵 シンプル」「キーリング」などで検索したと思います。

キーワード探しでは楽天が便利

自分の欲しい商品をどういった言葉で検索していいかわからない場合には楽天が便利です。
楽天は正直、あまり検索機能が優れているわけではないので、各店舗とも検索されそうなキーワードをかなり盛り込んでいます。とりあえず、取っ掛かりとなる言葉で検索して、候補になりそうな商品を見つけたら、その商品のキーワードとして何が盛り込まれているかを確認すると欲しい商品への近道となるかもしれません。

商品選び

一番最初に目についたのは以下の商品でした。


スマートにまとめられて、私のニーズに非常にマッチしていましたが、レビューの中にいくつか不安に感じる点がありました。

こちらのタイプですと車やバイクの鍵を取り付けると長さが合わなくてはみ出してだいぶ横幅が出てしまい見た目が少しダサいです
キースマートなのにスマートじゃなくなるのでその点がマイナスポイントです
あと意外と南京錠の鍵などキーリングを通す穴が4mmなかったりでそもそもこれにつけれないなど細かいマイナスポイントですね
(電動ドリル等で穴を拡張すれば余裕で入りますが鍵そのもの耐久性が落ちるので自己責任で)

......さて。この構造、ものすごく不安です。
なぜなら、鍵を出し入れするたびに回転方向に少なからず力がかかります。

結果、恐れていた通り、2ヶ月あまりでどこかでネジが外れて鍵をなくしました。
不安を感じていたので、時々締め直していたにもかかわらずこのありさまです。

他の方のレビューにもあったので半信半疑でしたがやはりエクスパンションパックが付いていませんでした

要約すると、

1.鍵の形状によって、はみ出る or 入らない可能性がある
2.緩んでネジが外れる可能性がある
3.付属品が入っていない可能性がある

の3点が読んでいて心配になった意見でした。

その後、もう少し他の商品を探してみました。
候補として挙がったのは以下の商品でした。


商品の絞り込み

どの商品もスタイリッシュでしたし、鍵をまとめるものとしては良いように感じましたが、前述の通り、私の持つ鍵の形状が若干特殊であることや、紛失の可能性を考えるとすぐには選定ができませんでした。

後日、購入の決め手になったのは持ち方を変えようと考えたからです。
結局、カラビナで腰にぶら下げる限りは衝撃が加わりやすくなりますし、何かの拍子で落としてしまう可能性もあるため、リールなどで少し延長をして、ズボンのポケットに入るように調整すれば、ぶつけることも少なくなりますし、何かの拍子でとれてしまってもポケットに入っているので紛失の心配はかなり少ないように思いました。
さらには、鍵を使うときにもリールがあれば特にカラビナの取り外しの必要もなくなるので、より紛失は避けられるように思いました。

その後、リール付きのカラビナを探したところ、以下の商品が目につきました。


このカラビナであれば、大きめですし、リールが伸びていない状態であってもポケットに収まると思ったので、こちらも併せて購入する前提で一番気に入った「キースマート(KeySmart 2.0 Extended)」を購入することに決めました。


問題点だった3点は以下のように考えて自分の中で不安を解消しました。

1.鍵の形状によって、はみ出る or 入らない可能性がある

測ったところ、どの鍵も4mmの穴は確保できており、1つの鍵だけ出っ張る可能性はありますが、車の鍵と比べればそこまでのものではないと考えました。

2.緩んでネジが外れる可能性がある

前述の通り、リール付きのカラビナを併用することで、万が一、ネジが外れたとしても気づける範囲に収まるのではないかと考えました。
また、商品を使ってみて、あまりにも緩みがひどいようであれば、緩み止めを買って固定してしまうのもありではないかと思いました。

3.付属品が入っていない可能性がある

私の持つ4本の鍵はイレギュラーな大きさのものが2本あったので、エクステンションパックという、幅を広げるための追加ネジが必要だと考えていました。それが付いているはずのものを買って入っていないとさすがに困りますので、万が一に備えて、返品がしやすいと言われているAmazonで購入することでそういった商品に当たってしまった場合は最悪返品をしようと考えていました。

キースマートの組み立てとカラビナの装着

結局、私はレビューや価格との兼ね合いも考えて以下より購入をしました。


到着後、キースマートの組み立てを行いましたが、鍵同士をどのように噛み合わせるかさえ考えれば、これ自体はとても簡単に終わりました。

上側にある白いビニールが心配していたエクステンションパックです。
私の場合はちゃんと入っていましたので、返品の必要はありませんでした。

f:id:up2me:20150828164328j:plain


エクステンションパックを開けると支柱部分を延長できるため、これを付けて延ばし鍵の噛み合わせを考えます。

f:id:up2me:20150828164344j:plain


黒い丸の部品で隙間を埋めていきながら鍵の組み合わせを模索していきます。
また、キースマートのネジ締めはコインでできるため、工具などは特に必要なく10円玉を用意しました。

f:id:up2me:20150828164358j:plain


そして、組み立てた結果がこちらです!

f:id:up2me:20150828164424j:plain


ものの10分もしないうちに終わり、そして、リール付きカラビナも装着するとこんな感じです!

f:id:up2me:20150828164436j:plain


さらに、装着した結果がこちら。
思惑通りにポケットの中に収まり、とても満足です!

f:id:up2me:20150828164445j:plain


余談となりますが、こちらが付いている万歩計とUSBです。



いかがでしたでしょうか?
鍵は皆さんが持っているものだと思いますし、管理の仕方も人それぞれだと思いますが、シンプルな持ち歩き方の1つとして参考になれば嬉しいです。