読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーダレス

役に立つかもしれないこととか。

引っ越し後、荷物を広げる前にやっておくオススメの工夫5つ+1

ライフハック

同じ物件に住み続けて6年以上が経ちましたが、私自身のライフスタイルの変化とともに引っ越しをすることになりました。
私は今まで人生の中で引っ越しをした経験があまりなく、今回で3度目なので、引っ越し後、荷物を広げる前にしておくと楽なことを色々と調べて実行してみましたので、まとめてみます。

前提:引っ越しする物件について

今回の物件は82年に建てられたもので部屋は1LDKです。新しいものではないのですが、フルリフォームされており、全く古さを感じないですし、フルリフォーム後、初めての入居者なので新築のような雰囲気です。

フルリフォーム後なので、今回は不要ですが、もしかすると物件によっては最初にハウスクリーニングを頼んでみるととても気持ちがいいかもしれません。
イメージとしてはなんとなく費用がかかりそうな感じがしますが、調べてみると相場は数万円程度には収まると思います。特に1人暮らしのお部屋や1LDK、2DKぐらいの広さであれば、1万円台になるのではないかと思います。

金額的に「お助け本舗」は料金もわかりやすくていいかもしれませんね。
otasuke365.com
※こちらに関しては利用したことはないですので、あくまで参考です

荷物を広げる前にオススメする5つの工夫+1

私はとても面倒くさがり屋ですので、そんなに頻繁に掃除をしたくはありません。ですので、いつでも「どうしたら楽ができるか」ということを考えています。
そうした時に、一番効率的なことは汚れにくくすること、もしくは、簡単に掃除できることだと思いますので、実際に行った5つの工夫と事前に行った1つのことをお伝えします。

1.バルサンなどの害虫駆除燻煙剤

誰しもゴキブリなどの害虫とはあまり遭遇したくないものだと思いますので、荷物を広げる前に行っておくと良いと思います。煙を炊くような害虫駆除は荷物を広げてしまってからでは家具家電を拭く作業がなかなか面倒になりますので、最初に使っておくと楽ですし、隅々まで行き渡ると思います。
特にマンションの場合、火災報知機が反応しないタイプだと楽だと思います。

2.お風呂のカビ防止煙剤

今まで住んでいた家でも定期的に使っていましたが、お風呂のカビ防止の煙剤は非常に効果的です。
普段、何気なく使っていると、いくら換気しても、黒カビや赤カビが発生してしまうことはないでしょうか?
水回りですので、これは避けようのないことですよね。
ただ、カビ防止煙剤を定期的に使うことでこれらのカビを断つことができます。特に生活を始める前に使っておけば、カビとは無縁のお風呂をずっと使えると思います。
こちらは半年に1回を目安に使用していくと良いと思いますので、Googleカレンダーなどで半年周期でリマインダーを設定しておくと忘れにくくなると思いますよ。

3.使い捨てのワックスコートシートでの床掃除

もしご自身でハウスクリーニングを頼んでいれば不要ですが、ある程度は事前に大家さんがきれいにしてくれている物件でも、どうしても複数の人が内見をしていたり、時間が経っていれば汚れているものです。
そこで一度はやりたい床掃除のついでにワックスもかけてしまおうと思い、クイックルワイパーなどのシートの中でワックスを含むタイプを使って拭き掃除をしました。本来であれば、拭き掃除をしっかりしてからワックスをかけるものでしょうが、私は前述の通り、面倒くさがり屋ですし、充分に汚れ落としとワックスがけの効果を実感できるので、最初からワックスコートシートでの掃除を行いました。
拭き掃除に雑巾を使う方も多いかとは思いますが、普段、そんなに使うものでもないですし、使用後は洗ったとしてもきれいなものでもないですので、私は使い捨てできるシートの方が利便性が高いと考えます。
こちらはクイックルワイパーよりも薄手のビニール手袋を使用して手で行った方が力を入れやすく、やりやすいと思います。また、実際に使うものは安いもので構わないと思います。


また、物件によってはワックス不要の床の場合もありますので、その際にはウェットタイプのシートを使うと良いと思います。

4.換気扇のフィルター取り付け

住んでから常時汚れるものの代表格として台所やお風呂の換気扇が挙げられると思います。
使い出して汚れてしまってからでは手遅れで、年末の大掃除などで苦労しながら汚れを落とすしかなくなりますが、これも使う前からフィルターを取り付けて汚れたらそれを取り替えるようにすれば格段に楽になると思います。



5.通気用のすのこ

家で湿気がたまりやすく、カビが生えやすい場所の1つとして挙げられるのが押入れです。また、押入れは普段使う頻度の低いものを入れっぱなしにしているので、なかなか掃除もしませんし、目が行き届きにくい場所です。
そこで押入れに荷物を入れてしまう前に、設置しておくと便利なのが「すのこ」です。
すのこを入れておくことで、最下部に常に空間が確保できますし、接地面も限られるので通気効率が非常に上がります。
また、私は普段ベッドではなく布団を使っていますので、そういったところにも、すのこを敷いておくことで通気ができます。
特に布団は敷きっぱなしになる方が多いと思いますし、私たちが思っている以上に寝汗などで湿気を多く含んでいますので、空間をつくって通気効率を上げることはとても大事です。
また、すのこと言うと木製のものを思い浮かべると思いますが、最近ではプラスチック製のものがあり、こちらの方が、1.湿気を吸ってため込まない、2.ジョイント式で拡張がしやすい、3.木のささくれなどが刺さる心配がないの便利です。
ただ、布団の下に敷く場合には、床との接地面に傷を防止するようなものを入れた方が無難だと思います。

番外編.ブラインドの事前発注

こちらは「荷物を広げる前に」という本筋からちょっと外れますが、窓の目隠しになるものの事前の用意のお話です。
私個人はカーテンではなく掃除のしやすさと見栄えの良さからブラインドを利用しています。
自宅でブラインドを利用したことがなければ、ちょっと高そうに感じたり、取り付けに不安を感じるかもしれませんが、カーテンに比べてどちらも心配するようなものではありません。

たとえば、縦横それぞれ180cmほどの大きめの窓であっても、1万円ほどです。
私は過去に何度か以下のショップで購入をしておりますが、その際は遮熱仕様のものを頼んでいます。


いかがでしたでしょうか?
ちょっとした工夫をすることで普段の快適さが変わったり、常に気持ちいい空間づくりができるものですので、そういったものはどんどん取り入れていきたいものですね。